LINE Payの請求書支払いの方法は3つ!

こんにちは!ゆりママです。

最近では公共料金や税金をモバイル決済で支払える時代になってきましたね!

我が家では水道代をLINE Pay請求書支払いで支払っています。

「LINE Pay請求書支払い」とは?

LINE Payで公共料金や各種税金の払い込み用紙のバーコードを読み取って、家でもどこでもスマホ一つで即時支払いができるサービスです。

用意するものはスマホとバーコード付きの請求書です。

今回はLINE Payで公共料金や各種税金を支払いするメリットと、3つの方法をご紹介します。

LINE Payの請求書支払いのメリット

LINE Pay請求書支払いのメリット
  • 家にいながらでも支払いができる
  • 銀行にお金があって手元にお金がない時に助かる
  • チャージ&ペイ(VISA LINE クレジットカード)で支払ったらLINEポイントがつく

コンビニで支払っている人の場合、現金を持ってわざわざ支払いに行かなくても家で支払いができるので楽です。

また口座引き落としにしている場合は、チャージ&ペイで支払えばLINEポイントがもらえるので楽&お得です。

コインチェック

LINE Payの請求書支払いの方法は3つ

LINE Pay請求書支払いの方法

①LINE Pay残高で支払う
②チャージ&ペイ(VISA LINE Payクレカ)で支払う
③LINEポイントで支払う

一つずつ解説していきます。

①LINE Pay残高で支払う

・LINE Pay残高に事前チャージが必要
・支払いによるLINEポイントの還元はない

LINE Pay残高にチャージをする方法はいろいろありますが、家にいながらチャージできる銀行からのチャージがおすすめです。

銀行からチャージするには、LINE Payに銀行口座を登録する必要があります。

②チャージ&ペイ(VISA LINE クレカ)で支払う

・VISA LINE Payクレジットカードとの紐づけが必要
・LINEポイントの還元あり(1~3%)

さきほどの支払い画面の「お支払い方法」で「チャージ&ペイ」を選ぶだけです。

LINEポイントの還元率はLINEのマイランクによって変わります。

毎月の公共料金の支払いでポイントがもらえたら大きいですよね!

③LINEポイントで支払う

・支払いにあてるポイント数は指定できる(一部ポイント払いでも可)
・LINEポイントで支払った分にはポイントの還元はない

支払いの一部をポイント払いにする場合は、①+③か、②+③の組み合わせで支払うことができます。

一番お得な請求書支払い方法は「チャージ&ペイ」

LINEポイントがもらえることを考えると「チャージ&ペイ」の支払い方法が一番お得です。

VISA LINE PayクレジットカードとLINE Payの紐づけが必要ですが、クレジットカードの申し込みや最初の設定さえしてしまえば、支払い自体は1分もかからずとても簡単です。

LINE Payで請求書支払いをする際の注意点

注意点

①LINE Pay請求書支払いに対応しているか要確認
②領収書は発行されない
③税金の支払いは30万円まで
④納税証明書が必要な場合は役場などに取りに行く必要がある

一つずつ解説します。

①LINE Pay請求書支払いに対応しているか要確認

・公共料金

LINE Payの公式サイトに対応している電力会社等が記載されています。
https://pay-blog.line.me/archives/74562305.html#topic4

・各種税金、健康国民保険等

お住まいの自治体によってLINE Pay払いに対応している税目が違うので要確認です。

「○○市 LINE Pay 請求書支払い」と検索してみてください。

地域によっては、住民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険料、介護保険料など、いろいろな税目に対応しています。

②領収書は発行されない

LINE Pay請求書支払いで支払うと領収書がもらえないので、支払い済みということが分かるように自分でメモして保管しておきましょう。

③税金の支払いは30万円まで

30万円を超える場合はLINE Payでの支払いはできないので、窓口での支払いが必要です。

④納税証明書が必要な場合は役場などに取りに行く必要がある

例えば車検の予定があって自動車税の納税証明書が必要な場合には注意が必要です。

証明書を発行、発送している自治体もありますが、していない自治体であれば窓口で支払うほうがいいですね。

まとめ

家でもどこでも支払える、チャージ&ペイ払いならLINEポイントももらえる!

メリットしか見当たらないLINE Pay請求書支払い、いかがだったでしょうか。

公共料金や各種税金をコンビニ払いや口座引き落としにしている方は、ぜひ検討されてみてください(^^)

おすすめの記事